Photoshop で Camera Rawプリセットを使う方法

Adobe Photoshop 上で Camera Rawプリセットを利用する方法です。Camera Rawフィルターの使い分けを覚えましょう。(Windows & Mac対応)

この記事は、Adobe Photoshop 2019 (v20.0.4)を使って説明しています。

2019-05-12_22h34_08.jpg

プリセットの確認と導入の設定

2019-05-12_22h46_05.jpg

上部メニューの「フイルター」から「Camera Raw フィルター」を選択してください。(頻繁に使う場合はショートカットに入れておくと便利です。)

2019-05-19_17h45_35.jpg

新しいウィンドウが開き右サイドバーのメニューからプリセットを選びます。

2019-05-19_18h06_43.jpg

プリセットの項目には、お気に入りとユーザープリセットがあります。一度もプリセットを操作したことがない場合は、初期状態(デフォルト)で入っているプリセットが表示されます。

2019-05-19_18h08_00.jpg

プリセットを追加する場合、右上にあるメニューボタンをクリックして、「設定の読み込み」をクリックしてください。

2019-05-19_18h14_09.jpg

プリセットデータ(.xmp)が保存されているフォルダが表示されます。

■ Windowsのプリセットフォルダ
(ユーザー名)/AppData/Roaming/Adobe/CameraRaw/Settings

■ Macのプリセットフォルダ
(ユーザー名)/Library/ApplicationSupport/Adobe/CameraRaw /Settings

フォルダの階層(パス)の確認ができたら、当サイトからダウンロードしたプリセットデータをコピーして完了です。プリセットの項目にコピーしたプリセットの一覧が表示されます。(コピー後、表示されない場合は、Photoshopを再起動してください。)

再度起動したら、加工する写真を読み込み、上部メニューの「フイルター」から「Camera Raw フィルター」で追加したプリセットをクリックしてください。

2019-06-02_14h27_37.jpg

プリセット名の左側にあるスターをクリックすると自分だけのお気に入り(ショートカット)のプリセットグループ内で管理できます。

2019-06-02_14h56_53.jpg

プリセットの著作者情報は削除せずにご利用ください。

Camera Raw と Camera Raw フィルターの違い

Photoshop では、Camera Raw と Camera Raw フィルターの2種類があります。どちらも基本操作やプリセットの利用方法に違いはありません。Rawのファイルを開くとCamera Rawが起動しますし、JPEGを開いてからCamera Raw フィルターを利用することもできます。

Camera Raw フィルターは、写真(画像)を「スマートオブジェクトに変換」した後に設定すると、レイヤー上に「スマートフィルター」-「Camera Raw フィルター」が追加されます。

2019-06-08_22h26_39.jpg

この「Camera Raw フィルター」は、写真加工した設定値が含まれているレイヤーなので、調整したいときに再度補正することができたり、レイヤー上で色調補正することもできます。要はやり直しができるわけです。

Raw のように写真毎.xmp 管理できないJPEGは、作業データをPSDで保存するケースが多いので、Camera Raw フィルターを使う場合は、スマートオブジェクトから行うと便利です。